直江喜一さんが出演した吉本新喜劇をなんばグランド花月へ行って観てきた
今回は、なんばグランド花月へ新喜劇を観に行ったっていうお話です。

今回私が観に行った吉本新喜劇の舞台は、知る人ぞ知る「金八先生第2シリーズ」で伝説の不良役加藤優を演じた“直江喜一”さんも出演された、

『はじめのだんじり新喜劇~岸和田の熱い風編』

です。実は私自身直江さんとは面識があり、ラインで「出ますよ!」と直江喜一さんから直接ご連絡を戴いたということもあり、今回大阪は「なんばグランド花月」まで公演を観に行きました。

なんばグランド花月はキャンセル待ち続出!?

なんばグランド花月で行われる吉本新喜劇のよる人気の公演は、キャンセル待ちしないと観られないということもあるそうですが、

今回の公演は、まだ当日券も販売されていましたので、キャンセル待ちをする人はいなかったと思いますが、開演直前に会場入りした際は既に座席は満席でした。

立ち見の人がいたかどうかまでは未確認ですが、とにかくお客さんの熱気でムンムンでしたよ^^

令和元年現在50歳以上の人で、金八先生第2シリーズの腐ったミカンの方程式で一世を風靡した、荒谷二中から桜中学へ転校してきた直江喜一さん扮する加藤優を知らない人はほんとんどいないのではないでしょうか!?

と思わず断言したくなるほど、当時は全国の中学校に広がる校内暴力を背景に、腐ったミカンの方程式とか加藤優は、誰もが知る社会現象にもなりました。

そのため、今回直江喜一さんが登場されたときも、私の周りの席からは往年の直江さんのファンの方と思われる方々の「おおぉ」という感嘆の声が聞こえてきました!

ブレイクタイム

ここでちょっとブレイク。なんばグランド花月までのアクセス方法や座席や周辺情報、吉本新喜劇のチケット等に関するプチ情報を、以下でご紹介しましょう^^

大阪難波駅から一番分かりやすいアクセスは?

なんばグランド花月へ行くのに最も分かりやすいアクセス方法は、大阪難波駅の「B21」からエレベーターで地上にあがり、千日前通りを通って行くルートです。

B21からなんばグランド花月までは、千日前の商店街をそのまま真っ直ぐ歩くだけですので非常に分かりやすく、時間にして徒歩5分もかからない位です。

但し、魅力的なお店が立ち並んでいますので、せっかく大阪に来たからにはやっぱり気になるお店やお目当てのお店には立ち寄りたいものですよね。

私も

「グルメの街、食い倒れの街、食の大阪を存分に堪能しました!」

と言いたいところですが、行きの電車内で摂ったおつまみとビールで、満腹に近かったため、たこ焼きやお好み焼きやラーメンやうどん・・・等といった大阪名物の食べ物を口にすることができませんでした。

なんばグランド花月の周辺は何がある!?

なんばグランド花月の周辺には、食い倒れの街らしく思わず立ち寄ってみたくなる飲食店が数多く立ち並んでいます。

なんばグランド花月へ向かう出発前は、「開演時間まで何を食べながら大阪の街を楽しもうかなぁ」と、あれこれ考えていましたが、

結局既述の通り、行きの電車の中で摂ったビールとつまみでそれほどお腹が減っていなかったということと、入ろうと思うお店がどこも混んでいて、開演時間も迫ってきたため全国チェーンのファストフード「マクドナルド」軽く済ませました。

マックマクドは好きなので、それはそれで良かったですが。。。

個人的になんばグランド花月周辺を歩いていて一番驚いたのは、なんばグランド花月の目の前にパチンコ屋さんがあったということ。

慣れればそうでもないのでしょうが、当初凄く違和感を感じました。これも大阪らしいといえばそれまでですが。

座席ってどうなってるの?

実は私がなんばグランド花月で吉本新喜劇を観るのはこれで2回目。1回目は今から遡ること6年。

「中田はじめ単独イベント泉州岸和田だんじり新喜劇其の伍~男涙の復活編~」

という公演に直江さんがご出演されたので観に行ったことがあるんです。

前回は1階席の最前列を取ることができましたが、今回は前回同様早々に予約しましたが、何故か2階席しか取れませんでした。

まあ、2階の座席といっても例えば名古屋ドームで行われたポールマッカトニーのライブの時みたいに、ステージまでとてつもなく遠いというわけではなく、

ポールマッカートニージャパンツアーinナゴヤドームは最高でした!


ZEPP名古屋で行われたリンゴスターのライブ時ように、凄く近距離ですので十分満足できましたが、演者さんの息づかいを感じたりシワの数までをも見てみたいという人は、是非1階の座席を確保されることをおすすめします。

あのリンゴスターが来日!2019zepp名古屋は最高でした!


前回は1階の座席から鑑賞しましたが、演技中の出演者の方と普通に目が合ったりもしましたので、1階の座席であれば、そういう楽しみもあります^^

2階の座席であれば、全体を見渡しながら鑑賞できるというメリットがありますので、どっちが良いとか良くないということではなく、どの座席であっても十分楽しめるのが、吉本新喜劇の最大のストロングポイントだといえるでしょう。

チケットぴあでなんばグランド花月のチケットを購入!?

前回も今回もチケットぴあではなく、吉本のホームページから直接チケットを購入しましたが、前回は1階席で今回は2階席でした。

何れも直前に購入したのではなく、随分前に予約した結果このようになりました。

もしかしたら、吉本のホームページからではなく、チケットぴあで取れば1階の座席が確保できたのでしょうか?

ん~ナゾです。

前回が1階の座席で、今回が2階の座席ということで、1階と2階の両方の座席から舞台を観るという経験ができたため、凄く満足していますが、

吉本のホームページからでは1階の座席を取るのは難しいということが分かったため、次回はチケットぴあ経由でなんばグランド花月の公演チケットは確保しようと思っています。

結局「はじめのだんじり新喜劇~岸和田の熱い風編」はどうだったの?

いつもテレビで見ている有名人が、いつものお馴染みのギャグを目の前で繰り広げていることにまずもって感動しました。

池乃めだかさん、吉田ヒロさん、末成由美さん。島田珠代さん、山田花子さん、アキさん、諸見里大介さん・・・まだまだたくさんの方に笑わせていただきましたが、とにかく本当に面白かったです。

そして、今回の公演は中田はじめさんが直江喜一さんの大ファンということがキッカケで、直江さんの出演に繋がったそうですが、

そのおかげで、私もこれまでは別世界だった吉本新喜劇、しかも憧れの直江喜一さんが出演された公演を、再度目の前で観ることができました。

直江さんは公演の本当に最後のほうに登場されましたが、金八先生第二シリーズ「卒業式前の暴力」の名シーン。

いわゆる加藤優らが荒谷二中の教師から謝罪を勝ち取り、放送室から出て全校生徒から拍手で迎えられヒーローになった直後、待ち構えていた警察官に捕らえらた場面。

中島みゆきさんの「世情」をバックにスローモーチョンで、逃げ惑う荒谷二中の不良仲間そして警察官。

あの感動的なシーンを再現されていました。もちろん吉本ですので、しっかりと笑いも取り入れていました^^

今回の「はじめのだんじり新喜劇~岸和田の熱い風編」は、特に50歳以上の人にとってはたまらない公演だったと思います。

もちろん私自身忘れられない最高の思い出となりました。

スポンサーリンク