家族用にプライオリティパスを作るならmufgプラチナカードがNo.1
今回は、MUFGプラチナカードとプライオリティパスのお話です。

家族用のプライオリティパスは、どこの会社のクレジットカードに申込むのが一番良いのだろう?とお悩みですか。

結論からいいますと『MUFGプラチナカード』の費用対効果が断トツで一番良いですよ。

今日は、MUFGプラチナカードと、他のクレジットカード経由でプライオリティパスを申し込んだ場合を比較しながら、解説させていただきますね。それでは参りましょう!

MUFGプラチナカード以外のクレカはどうなの?

クレジットカードを作るとプライオリティパスが付帯してくるカード会社はいくつかありますが、

ここでは、楽天、アメックス、JCBカードについて、それぞれ説明させていただきます。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、年会費10,000円(税抜)で作ることができる上、別途申し込めば無料でプライオリティパスが発行されますので、プライオリティパスを少しでも安くお得に手に入れるのであれば、楽天プレミアムカードが金額的に間違いなく一番お得なクレジットカードだといえます。

但し、楽天プレミアムカード経由で発行されるプライオリティパスは、あくまでも楽天プレミアムカードを持っている本人のみに対して発行されるものです。

楽天プレミアムカードの場合は、500円(税抜)を支払えば家族カードを作ることができますが、残念ながら家族カードにプライオリティパスは発行されませんので、楽天経由でプライオリティパスを手に入れるには、一人一枚楽天プレミアムカードを作る必要があります。

そして、楽天プレミアムカードは基本的には学生や未成年者には発行されませんし、20歳以上であってもある程度の収入がないと発行されませんので、お子さん用のプライオリティパスを楽天経由で作ることはできないのが現状です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード及びプラチナカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは31,900円の年会費が必要で、最近よくCMで見かけるプラチナカードともなると年会費143,000円もします。

プライオリティパスを手に入れるために、15万円近い大金を支払ってまでアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを入手するのは割りに合いません。

それほどの大金があれば、アジア諸国圏内であれば2~3か国は旅行できますし、1か国に絞ればビジネスクラスに乗って快適な旅を楽しむこともできてしまいます。

そして、ビジネスクラス搭乗者は専用のラウンジを利用できますので、わざわざプライオリティパスを入手する必要はありませんよね。

また、ぐっと値段の下がるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに至っては、プライオリティパスを提示して無料でラウンジを使えるのは年間2回までですので、クレジットカードの年会費から考えるとちょっと淋しい内容です。

JCBプラチナカード

JCBプラチナカードは、年会費25,000円(税別)で家族カードも無料で作れます。

但し、楽天プレミアムカードと同様、家族カードを作ったとしても、家族カード所持者はプライオリティパスを申し込むことができません。

JCBプラチナカード経由でプライオリティパスを申し込むことができるのは、カードを持っている本人のみですので、一人一人に必要となる年会費25,000円の金銭的負担が大きいですよね。

以上、楽天プレミアムカード、アメックス、JCBカードを詳しく見てきましたが、次にMUFGプラチナカードについて、詳しく説明させていただきますね。

MUFGカードの場合は?

MUFGプラチナカードの場合はどうかといいますと。

まずクレジットカードの年会費が20,000円(税別)しますが、家族カードは1枚目までは無料で作ることができます(2枚目以降の家族カードの場合は1枚につき3,000円(税別)の年会費が必要となります)。

そして、その家族カード保持者は無料でプライオリティパスを作ることができるんです。

プライオリティパスを持っていない同伴者の料金も2,000円と格安で国際ラウンジを利用できる点も見落とせません。

しかも、プライオリティパスは最高峰のプレステージ会員ですので、無制限で国際ラウンジを利用することができます。

プライオリティ・パスには、
  1. スタンダード
  2. スタンダード・プラス
  3. プレステージ
という3つの会員ランクがあります。

スタンダードは、年会費99米ドルで都度利用料金32米ドル、スタンダード・プラスは年会費299米ドルで都度利用料金は10回まで無料でその後は32米ドル、プレステージは、年会費429米ドルしますが無制限で無料となっています。

プライオリティパスを持っていない同伴者が一緒に利用する場合は、全ステージを通じて32米ドルが必要となります。
年会費 会員利用料 同伴者利用料
スタンダード US$99 US$32 US$32
スタンダード・プラス US$299 US$32(10回まで無料) US$32
プレステージ US$429 無料 US$32

※因みに先述のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのステージはスタンダードですので、年に3回以上利用する場合は、その都度32米ドルを支払わないといけません。

で、MUFGプラチナカードで作ったプライオリティパスは実際どうだったの?

作るときは?

実際に私自身は、娘のプライオリティパスを手に入れるために、20000円の年会費を払ってMUFGプラチナカードを作り、家族カードの括りで娘のクレジットカードを作ってその後プライオリティパスを申し込みました(実際には電話一本でコンシェルジュさんが全て手続きをしてくれました)。

MUFGプラチナカード経由で作ったプライオリティパスは、何といっても会員ステージがプレスージですので、ラウンジを利用する際に回数や利用料金を全く気にする必要がないのが最大の魅力です。

国内のラウンジでは?

例えば、中部国際空港セントレアでしたら、プライオリティパスを提示すれば利用できるラウンジが3つありますが、3つも利用できるのであれば、3つとも利用したいと思うのが人間心理です。

ところが、スタンダードやスタンダード・プラスだと、利用料金や利用回数を気にしながら、入るラウンジを考えなければなりません。

その一方で、プレステージであれば、何も気にすることなく好きなときに好きなだけ国際ラウンジを利用できますので、これは精神的にも凄く楽ですよ。

海外のラウンジでは?

MUFGプレミアムカード経由でプライオリティパスを手にして以降、おかげさまでこれまで、娘と一緒に「ベトナム」「無錫、蘇州、上海」「インド」「アコールワット」へ行きましたが、

何れも空港での待ち時間中は、プライオリティパスを使って、国際ラウンジで最高のおもてなしを受けることができました。

何をするでもなく、右も左も分からない空港内で、長時間ただただ待ち続けるのは苦痛以外の何ものでもありません。

せっかくの海外旅行ですので、旅行中は終始快適に過ごせるよう、やはりプライオリティパスは必須アイテムだといえます。

結論

家族用のプライオリティパスが欲しいけれど、どのクレジットカードにしようかと迷っておられるのであれば、mufgプラチナカード一択で間違いありません!

以上【家族用にプライオリティパスを作るならmufgプラチナカードがNo.1】でした。

スポンサーリンク